「いい循環を創るお仕事。」
ホームセレクト書店【書籍】春夏秋冬 土用で暮らす。: 五季でめぐる日本の暦(サイン入)
商品詳細

【書籍】春夏秋冬 土用で暮らす。: 五季でめぐる日本の暦(サイン入)[b01]

販売価格: 1,620円 (税込)
[在庫なし]
かぼちゃ企画が毎回出店させていただいている冨貴工房マルシェの主催者さんである冨田さんの本を今回サインを頂いてネットショップで取り扱いさせていただくことになりました。

秋の土用の最後の日。11月6日に入れて頂いたサイン本は、その冨貴工房の場のエネルギーのようにほっこりふわふわな暖かさが感じられます。

がっつり頭から読んで勉強するなんて気負いがなくても、今はどの季節だろう?
今はどんなものが旬で、どんな行事があるのだろうとペロッと開いても分かりやすい本だと思います。

日常的になかなか難しいかな?と思ってしまっても、この本を覗いて目に留まった情報を心に留めることもまた一つの季節の暮らしになると思います。

冨貴工房マルシェへ来て頂いたことのある方なら分かると思いますが、あの工房とその周りの商店街、路地、そこにある空気は、街中でありながらきちんと季節を感じ暮らしている人たちが生み出しているのではないかなと思うのです。

ぜひ、その空気のかけらを感じて頂ければと思うのです。


内容紹介
今注目を浴びている二十四節気や七十二候は、実は、自然の観察記録といわれています。
先人の人々が太陽のめぐりをもとにそのときそのときの自然の様子を言葉に記した記録であり、暮らしのヒントです。
本書では、暦の講演会等を通じて暦のあり方を説く「冨貴工房」の冨田貴史さんと、自然と旬を大事にしながら料理を生み出す料理研究家の植松良枝さんによる、春夏秋冬、そして土用の過ごし方を提案本。冨田さんが語る暦のあり方と季節ごとの養生のこと、植松さんが語る各季節のこまやかな暮らし方提案を、「土用」を軸に構成しました。「土用を上手に活かせれば、次の季節をスムーズに迎えることができ、季節に合った過ごし方ができます」とおふたり。
心地よい暮らしのために、まずは自然に目を向けてみましょう。
今気づくことの積み重ねが、あなたの軸を整えてくれるはずです。
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
作者のお一人の冨田さん
(画像をクリックすると大きく見られます)
ネットだとかぼちゃ企画以外でないかも*^^*冨田さんのサイン入りです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
工房をふと見上げると梅干しが干してあったり。(ええ香りだった。)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス